とてもいい本を友人から教えてもらいました。

フリーランスで仕事をしているひとは、ぜひとも読んでおきたい本。

80円のまんじゅうを250円で売ったら、なぜお客が増えたのか?「もっと儲けたい」「現場から離れられない」「今の事業に限界を感じている」などの経営者の悩みを解決する方法を伝授!

安くて良いものを提供するデメリット

経営者なら誰しも「できるだけ安く提供したい」という気持ちはある感情だと思います。

でも、安く提供するってことは「百害あって一利なし」。なにもいいことはないです。

たとえばホームページを安く提供するとしても、安いにはそれなりの理由があるわけですから、凝ったデザインにできなかったり、スマホに対応してなかったり・・と、とにかく最低限のことしかできないですよね。時間をかけられないんですから。

そうなると、クライアントさんには「この値段ならこんなものだろう」という感触しか残らないわけです。

そのようなホームページは、あまり自分の実績にもならないわけです。

しかも、安く受けるんですから、数をこなさないといけない。夜も昼も働き続けないといけない・・という結果になるかもしれません。

自分のサービスに自信があるなら安売りはしない

本当に自信があるのならば、なぜ高く売るという選択ができないのでしょうか?自信がある商品やサービスを、希望する金額で買ってもらうことがなぜいけないのでしょうか?

本当は自社の商品に自信を持っているのにもかかわらず、どうしても景気が悪くなってくると、皆さん弱気になっていきます。しかし、値下げは「最悪の経営手法」であると言わざるを得ません。

経営が厳しくなると、とにかくお客さんを呼びたくて、値下げしたい心理にとらわれます。ぼくが以前カフェをやっていたときがそうでした。お客さんが来てくれないとコーヒーを100円にしようかとか、安いランチを始めようかとかそういう考えしかできなくなるんですよね。

コーヒーは一杯一杯サイフォンで淹れてましたし、美味しいコーヒーを淹れている自信はあったので、値上げを考えてもよかったかもしれません。

値下げしてお客さんが増えて100円のコーヒーを6杯提供するのと、600円に値上げしてコーヒーを1杯提供するのでは、600円1杯のほうが余裕がうまれますよね。

でも、実際に値上げをする不安というものは当然あると思います。『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』は「値上げ」の仕組みから具体的な「値上げ」のノウハウまで丁寧に説明されています。

見積もりを出すのに苦労しているフリーランスのかたにもよい教科書になると思いますので、ぜひ役立ててみてください。

絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます