5/16に開催された「CMC_Meetup in 高知 Vol.2」に参加してきました。

CMC_Meetup( = Community Marketing Community Meetup)というのは、コミュニティマーケティングを考えるコミュニティのこと。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)やkintoneの実績が大きいかと思いますが、今まで行われてきた既存広告(広告費をかけて、大人数に広くリーチする広告)に代わって、コミュニティマーケティングが注目されています。

「CMC_Meetup in 高知 Vol.2」

この「CMC_Meetup」、現時点で東京:9回、福岡:1回、京都:2回、札幌:2回、高知:2回が開催されているそうです。

東京、福岡、京都、札幌という顔ぶれに高知が入っている!( しかも回数で福岡を追い抜いてる!)

この勢いのまま、高知も盛り上げていきましょう!

1. コミュニティマーケティングのキホン: おさらい編(小島さん:CMC_Meetup 発起人)

2. 現役町長が語る「コミュニティのつくり方と人たらし」(堀見さん:佐川町長)

堀見さんは、「佐川町を世界一幸せを感じられる町にする。そのために住民のみなさんのベクトルを揃えて、たくさんの楽しいコミュニティを作る」という取り組みをされているそうです。

興味深く、面白く聞かせていただきました。

コミュニティマーケティングについて、気になる方はマンガ「広告費ゼロで新規顧客を獲得できるコミュニティマーケティングって何ですか?/元AWSの小島英揮さんに聞いてきた」がわかりやすいです。

もちろん、コミュニティマーケティングを実践しているコミュニティに参加してみるのが理解するための近道かと思います。

CMC_Meetupが、その立ち上げにかかわることでコミュニティ立上げの追体験ができる場になっていますので、おすすめです。

他にも高知では「JAWS-UG高知」、「kintone Café 高知」なども開催されています。

これらのコミュニティに参加した経験でいうと、AWSやkintoneを使いたくなってしまい、SNSやブログなどで紹介したくなるから不思議。

コミュニティに参加して、人生変わった!という人も大勢いらっしゃいますし、そういう方々を目の当たりにしています。

おまけ:コミュニティリーダーズサミット 前夜祭

「CMC_Meetup in 高知 Vol.2」が終了し、そのまま「コミュニティリーダーズサミット 前夜祭」に突入しました。

場所は、鰹のタタキを食べるなら間違いない「やいろ亭」。ひろめ市場の中にあります。

それはそれは、大盛り上がりの前夜祭でした。

ぼくも色々な人に直接お会いする機会ができ、テンションあがりっぱなしでした。

「コミュニティリーダーズサミット in 高知 2018」については、次の記事で。